≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一日一日をしっかりと生きていけたらいいわ。

輝く女性の生き方図鑑 Vol.35
60代 ガラス作家 3児の母



今日は、ガラス作家の音堂多恵子さんのご紹介。
「とっても素敵なお家にお住まいよ」
そんな噂を聞きつけ、今回初めて自宅へお邪魔させていただいた。
「光と風」 というテーマで建てられたご自宅は、
天井が高く、部屋と部屋の間仕切もない、とても開放的な空間。
木のぬくもりの中に、風が心地よく通り抜け、
蝉の鳴き声すらBGMのように聞こえる
新しいけど、懐かしい… 。
田舎の別荘に遊びにきたような、とても癒される空間だ。
そこに置かれている1つ1つの家具や絵、オブジェなどが
どれもセンス良く、居心地良さそうにそこに馴染んでいる。


素敵さが、わたしの下手な写真では全くお伝えできないのが残念
20090728.jpg

アトリエも併設しています。
20090728-2.jpg

家を建てるとき、まだ経験もあまりない30代の若い建築家に依頼をした。
「光と風」「ローコスト」、建築家に伝えた条件はこの2つだけ。
後は、 「自由に自分の作品だと思って造ってもらえばいい。」
そう伝えたのだとか。
それ以外、なにひとつ口を出さなかった。



完成後、この家は大変注目され、賞もとり、たくさんの取材を受けることになる。
しかし、個性豊かなこのお家。
建築家の人たちが家を見学にきた際には、
温度調整の難しさなど、その不便さも指摘された。
そんなことは、百も承知だった。
「わたしは、この家を使いこなすだけの十分な経験を重ねてきましたから、
わたしにとってこの家は、申し分のない家ですよ。不満は、何もない。」

多恵子さんは、こう答えた。



なんだか、かっこいい。



この家は、 多恵子さんの生き方 、そのもののような気がした。



3人のお子さんを出産し、
子育てが、面白くて、楽しくて仕方がなかったという多恵子さん。
子どもが小さい頃には、専業主婦として子育てを存分に楽しんだ。
やがて、一番下の子が小学校に入り、
少し自分の時間ができた頃から
遊び感覚で始めたのが、ステンドグラス。
既製のガラスを切って貼っていくステンドグラスに
オリジナル性をあまり感じることができず
しかも既製ガラスは費用が高い…
それならば自分でガラスを作ろうと
知人から吹きガラスを教えてもらったのをきっかけに
数々のガラス作品を制作していくことになる。
その後、鍛金も勉強し、オブジェ、照明、器… どんどんと制作の幅を広げていく。
展覧会を開き、作品も売れ、いつしか仕事になっていた。
1年に10回の展覧会をしたこともある。
「後で後悔したくない」そんな想いで、
その時、その時を精一杯に生きてきたのだという。



つい最近、受けたインタビューで
「これからの夢はなんですか?」
そう聞かれて、とても驚いたという多恵子さん。
よく考えてみると、夢なんて考えたこともなかった。
「こうなりたい」「ああなりたい」と考えるよりも
「一日一日をしっかりと生きていけたらいいわ」
と心の底から思って生きてきた。
だから、不満を感じる事もなかった。



その日その日を精一杯生きる。
それを教えてくれたのは、今は亡きご主人だ。

43歳で腎不全になり、継続的な人工透析治療が始まった。
その事実を知った日、ご主人の命の期限が切られたような気がして
多恵子さんは、三日三晩泣いた。
でもご主人は、それから56歳で生を全うされるまで、
自分の病気をしっかり抱えながらも仕事を続け、
ゴルフをしたり、散歩を楽しんだり、絵を鑑賞したり…、
自分の人生を前向きに生きた。
家族みんなが、そんなご主人の背中を見て
「くよくよしていては、申し訳ない。しっかり生きなくては…。」
と思ったのだという。
当たり前のように生きられることの有難さ。
ご主人の病気という経験を通して
1日1日を大事に歩くことの大切さを
単なる言葉としてでなく、身体にしみつけることができた。




「最近、これからの夢を考えてみた。」という多恵子さん。
「80歳くらいになったとき、
その人の人生が全部にじみ出ているような
そういう意味で綺麗な、かわいいおばあちゃんになりたい。
そのために、しっかり人生歩いて行かなきゃね。」
と可愛く笑いながら語ってくれた。


なんだか、すごく素敵。
現在66歳。
わたしから見たら、十分すぎるほどに
歩いて来られた人生がにじみでるような美しさを 今もお持ちだと思う。
こんな66歳をわたしも目指したい。
そして、66歳になったころには
そんな80歳を目指せていたらいいなぁ。



多恵子さぁ~ん、素敵なお話をありがと~~~~~!!








多恵子さん、素敵!!って思われたら…

ポチっとクリック 2つお願いします↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 20081224-3[1]
いつも応援ありがとうございます♪

私のホームページ きらきら輝く女性の生き方図鑑
“ハッピークリエーション”ものぞいてみてくださいね!↓↓

banner.gif





| 好きなことを仕事にしている人 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「光と風の家」、すごく素敵です。多恵子さんと若い建築家のエネルギーが融合した空間のハーモニー、風が吹いてくるようです。

木下さん、いつもありがとうございます!
本当に素敵なお家で、かなり興奮しました!
そして、その家が、多恵子さんにぴったりで…
わたしもそんな風に年齢を重ねたいなぁ。。。と思いました。
このブログについて

コーノン

コーノン
好きなこと+自分の良さを生かせること+誰かの役にたつこと できないかなぁ~と考え、生き生きと輝いている女性たちを取材して紹介しよう!と思い立ちました。題して『1000人の女性を紹介プロジェクト』

自分らしく、きらきらと輝いている女性たち 1000人を目標に只今日々取材中です!

>>続きを読む
カテゴリ
ホームページ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
成長曲線
リンク
検索フォーム
ポチッとSeeブックマーク
はてなブックマーク はてなブックマーク
Buzzurl
FC2ブックマーク FC2ブックマーク
Yahooブックマーク Yahooブックマーク
POOKMARK POOKMARK
@nifty @niftyクリップ
Livedoorクリップ Livedoorクリップ
Present's by サンエタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。